トップ  >  聖書の修辞構造  >  フィレモンへの手紙  >  ペリコーペPericope

フィレモンへの手紙の修辞構造

各ペリコーペの集中構造(コンチェントリック)と交差配列(キアスムス)と並行法(パラレル)

[1]  Phil 1:1-25
  A(1:1-3)  わたしたちの父である神と主イエス・キリストからの恵みと平和が、あなたがたにあるように。(1:3)
    B(1:4-7)    兄弟よ、わたしはあなたの愛から大きな喜びと慰めを得ました。聖なる者たちの心があなたのお陰で元気づけられたからです。(1:7)
      C(1:8-9)      年老いて、今はまた、キリスト・イエスの囚人となっている、このパウロが。(1:9)
        D(1:10-14)        わたしの心であるオネシモを、あなたのもとに送り帰します。(1:12)
          E(1:15-16)          もはや奴隷としてではなく、奴隷以上の者、つまり愛する兄弟(1:16)
        D'(1:17-18)        だから、わたしを仲間と見なしてくれるのでしたら、オネシモをわたしと思って迎え入れてください。(1:17)
      C'(1:19)      わたしパウロが自筆で書いています。(1:19)
    B'(1:20-22)    兄弟よ、主によって、あなたから喜ばせてもらいたい。(1:20)
  A'(1:23-25)  主イエス・キリストの恵みが、あなたがたの霊と共にあるように。(1:25)
    A:挨拶 B:フィレモンによる喜び C:パウロ自ら D:オネシモを返す/オネシモを迎える E:奴隷以上の者


聖書の引用は「新共同訳聖書」より