トップ  >  聖書の修辞構造  >  エレミヤの手紙  >  ペリコーペPericope

エレミヤの手紙の修辞構造

各ペリコーペの集中構造(コンチェントリック)と交差配列(キアスムス)と並行法(パラレル)

[1]  Let1:1-72
  A(1:1-6)  むしろ心の中で、「主よ、伏し拝むべき方はあなたです」と言いなさい(1:5)
    B(1:7-28)    恐れてはなりません
      C(1:29-57)      いったいどうして、それらの像を神と呼ぶことができるのでしょうか(1:29)
    B'(1:58-68)    恐れてはなりません
  A'(1:69-72)  ですから、偶像を持たない正しい人の方がまさっています(1:72)

    A:偶像を持たない B:恐れてはなりません C:いったいどうして、それらの像を神と呼ぶことができるのでしょうか


聖書の引用は「新共同訳聖書」より