トップ  >  聖書の修辞構造  >  マナセの祈り  >  ペリコーペPericope

マナセの祈りの修辞構造

各ペリコーペの集中構造(コンチェントリック)と交差配列(キアスムス)と並行法(パラレル)

[1]  Man1:1-15
  A(1:1)  我らの先祖アブラハム、イサク、ヤコブの神(1:1)
    B(1:2-3)    あなたは天と地とそのすべての装いを造られました(1:2)
      C(1:4)      罪人への仮借なき御怒りは、人には忍びきれないのです(1:4)
        D(1:6-7)        あなたの約束された慈しみは(1:6)
  A'(1:8)  罪を犯さなかったアブラハム、イサク、ヤコブ(1:8)
    B'(1:9)    わたしは天の高みを仰ぎ見るにはふさわしくありません(1:9)
      C'(1:10)      罪のゆえに、頭を上げることができません(1:10)
        D'(1:11-15)        深い慈しみをもって救ってくださるからです(1:14)

    A:先祖 B:天地 C:罪 D:赦し


聖書の引用は「新共同訳聖書」より