トップ  >  聖書の修辞構造  >  ミカ書  >  3

ミカ書の修辞構造

3分割での集中構造(コンチェントリック)と交差配列(キアスムス)


3-1

1 神の審判(1:1-7)
  2 ユダの混乱(1:8-16)
    3 悪の告発(2:1-13)
  4 指導者たちの罪(3:1-12)
5 従属による平和(4:1-7)

位置関係性前半後半
1-5ぶどう畑 わたしはサマリアを野原の瓦礫の山としぶどうを植える所とする(1:6) 人はそれぞれ自分のぶどうの木の下いちじくの木の下に座り脅かすものは何もないと万軍の主の口が語られた(4:4)
2-4ラキシュは娘シオンの罪の初めである(1:13)ヤコブに咎をイスラエルに罪を告げる(3:8)

3-1-1

1 神の審判(1:1-7)
  2 ユダの混乱(1:8-16)
3 悪の告発(2:1-13)

位置関係性前半後半
1-3ヤコブの罪これらすべてのことはヤコブの罪のゆえにイスラエルの咎のゆえに起こる(1:5)ヤコブの家は呪われているのか(2:7)

3-1-2

3 悪の告発(2:1-13)
  4 指導者たちの罪(3:1-12)
5 従属による平和(4:1-7)

位置関係性前半後半
3-52-1参照2-1参照2-1参照

3-2

5 従属による平和(4:1-7)
  6 捕囚の後の復興の約束(4:8-14)
    7 ベツレヘムの預言(5:1-8)
  8 主の怒り(5:9-14)
9 主の告発(6:1-8)

位置関係性前半後半
5-91-1参照1-1参照1-1参照
6-81-1参照1-1参照1-1参照

3-2-1

5 従属による平和(4:1-7)
  6 捕囚の後の復興の約束(4:8-14)
7 ベツレヘムの預言(5:1-8)

位置関係性前半後半
5-7彼らは剣を打ち直して鋤とし槍を打ち直して鎌とする。(4:3)彼らは剣をもってアッシリアの国を抜き身の剣をもってニムロドの国を牧す(5:5)

3-2-2

7 ベツレヘムの預言(5:1-8)
  8 主の怒り(5:9-14)
9 主の告発(6:1-8)

位置関係性前半後半
7-9派遣お前の中から、わたしのためにイスラエルを治める者が出る(5:1)モーセとアロンとミリアムをお前の前に遣わした(6:4)

3-3

9 主の告発(6:1-8)
  10 悪への罰(6:9-16)
    11 民の腐敗(7:1-8)
  12 新しい約束(7:9-13)
13 神の愛(7:14-20)

位置関係性前半後半
9-13出エジプト わたしはお前をエジプトの国から導き上り奴隷の家から贖った(6:4)お前がエジプトの地を出たときのように彼らに驚くべき業をわたしは示す(7:15)
10-12罪の罰わたしも、お前を撃って病気にかからせ罪のゆえに滅ぼす(6:13)わたしは主に罪を犯したので主の怒りを負わねばならない(7:9)

3-3-1

9 主の告発(6:1-8)
  10 悪への罰(6:9-16)
11 民の腐敗(7:1-8)

位置関係性前半後半
9-112-2参照2-2参照2-2参照

3-3-2

11 民の腐敗(7:1-8)
  12 新しい約束(7:9-13)
13 神の愛(7:14-20)

位置関係性前半後半
11-13主の慈しみ主の慈しみに生きる者はこの国から滅び人々の中に正しい者はいなくなった(7:2)神は慈しみを喜ばれるゆえに(7:18)


聖書の引用は「新共同訳聖書」より