トップ  >  聖書の修辞構造  >  コリントの信徒への手紙二

コリントの信徒への手紙二の修辞構造


ペリコーペと修辞構造の対応表


Pericope14
1 挨拶・苦難と感謝(1:1-11) 1-1 4-1
2 コリント訪問の計画(1:12-20) 1-1 4-1
3 パウロの不安と安心(1:21-2:17) 1-1 4-1
4 新しい契約の奉仕者(3:1-18) 1-1 4-1
5 土の器に納めた宝(4:1-18) 1-1 4-1 4-2
6 信仰に生きる(5:1-10) 1-1 4-2
7 和解させる任務(5:11-6:10) 1-1 4-2
8 心を開く(6:11-7:4) 1-1 4-2
9 教会の悔い改めを喜ぶ(7:5-16) 1-1 4-2 4-3
10 自発的な施し(8:1-24) 1-1 4-3
11 エルサレムの信徒のための献金(9:1-15) 1-1 4-3
12 パウロの誇り(10:1-18) 1-1 4-3
13 偽信徒たち(11:1-15) 1-1 4-3 4-4
14 信徒としてのパウロの労苦(11:16-33) 1-1 4-4
15 主から示された事(12:1-10) 1-1 4-4
16 コリントの教会に対するパウロの心遣い(12:11-19) 1-1 4-4
17 結びの言葉(12:20-13:13) 1-1 4-4

聖書の引用は「新共同訳聖書」より