トップ  >  聖書の修辞構造  >  ヘブライ人への手紙

ヘブライ人への手紙の修辞構造


ペリコーペと修辞構造の対応表


Pericope14
1 神は御子によって語られた・御子は天使にまさる(1:1-14) 1-1 4-1
2 大いなる救い(2:1-18) 1-1 4-1
3 イエスはモーセにまさる(3:1-6) 1-1 4-1
4 不信仰への警告(3:7-19) 1-1 4-1
5 神の民の安息(4:1-13) 1-1 4-1 4-2
6 偉大な大祭司イエス(4:14-5:10) 1-1 4-2
7 一人前のキリスト者の生活(5:11-6:12) 1-1 4-2
8 神の確かな約束(6:13-7:10) 1-1 4-2
9 メルキゼデクの祭司職(7:11-28) 1-1 4-2 4-3
10 新しい、優れた約束の大祭司(8:1-13) 1-1 4-3
11 地上の聖所と天の聖所(9:1-22) 1-1 4-3
12 罪を贖う唯一のいけにえ(9:23-28 ) 1-1 4-3
13 (10:1-18) 1-1 4-3 4-4
14 奨励と勧告(10:19-39) 1-1 4-4
15 信仰(11:1-40) 1-1 4-4
16 キリスト者にふさわしい生活の勧告(12:1-29) 1-1 4-4
17 神に喜ばれる奉仕・結びの言葉(13:1-25) 1-1 4-4

聖書の引用は「新共同訳聖書」より