トップ  >  聖書の修辞構造  >  マカバイ書二

マカバイ書二の修辞構造


ペリコーペと修辞構造の対応表


Pericope123
1 ヘリオドロスと宝庫(3:1-40) 1-1 2-1 3-1
2 ヤソンが大祭司となりギリシア化を進める(4:1-22) 1-1 2-1 3-1
3 メネラオスの策謀(4:23-50) 1-1 2-1 3-1
4 アンティオコスのエルサレム支配(5:1-27) 1-1 2-1 3-1
5 律法の遵守による殉教(6:1-7:42) 1-1 2-1 3-1 3-2
6 ユダのニカノルへの勝利(8:1-36) 1-1 2-1 3-2
7 アンティオコスの死とユダのエルサレム奪還(9:1-10:8) 1-1 2-1 2-2 3-2
8 ティモテオスの死(10:9-38) 1-1 2-2 3-2
9 リシアスとの和解(11:1-38) 1-1 2-2 3-2 3-3
10 ユダの進撃(12:1-46) 1-1 2-2 3-3
11 アンティオコス・エウパトルの敗北とメネラオスの死(13:1-26) 1-1 2-2 3-3
12 ニカノルの派遣(14:1-46) 1-1 2-2 3-3
13 ニカノルの死(15:1-37) 1-1 2-2 3-3

聖書の引用は「新共同訳聖書」より