トップ  >  聖書の修辞構造  >  士師記

士師記の修辞構造


修辞構造のリスト

1-1 

2-1  2-2 

3-1  3-2  3-3 

5-1  5-2  5-3  5-4  5-5 

ペリコーペのリスト

Pericope1-12-12-23-13-23-35-15-25-35-45-5
1 カナンの征服(1:1-36)
2 主に背く世代が興る (2:1-3:6)
3 オトニエル(3:7-11)
4 エフド(3:12-30)
5 シャムガル(3:31)
6 デボラとバラク(4:1-24)
7 デボラの歌(5:1-31)
8 ギデオンの召命(6:1-24)
9 バアルの祭壇を壊す(6:25-32)
10 しるしを求めるギデオン(6:33-40)
11 ミディアンとの戦い(7:1-25)
12 ギデオンとエフライム人(8:1-3)
13 復讐するギデオン(8:4-21)
14 王たちの処刑と戦利品(8:22-28)
15 ギデオンの死後(8:29-35)
16 アビメレクの過ち(9:1-57)
17 トラ(10:1-2)
18 ヤイル(10:3-5)
19 イスラエルの罪と罰 (10:6-16)
20 エフタ (10:17-12:7)
21 イブツァン(12:8-10)
22 エロン (12:11-12)
23 アブドン(12:13-15)
24 サムソンの誕生の予告(13:1-25)
25 サムソンとティムナの女(14:1-20)
26 サムソンと三百匹のキツネ(15:1-8)
27 ロバのあごの骨でペリシテ人を打つ(15:9-20)
28 サムソンとデリラ(16:1-22)
29 サムソンの死(16:23-31)
30 ダン族の移動 (17:1-18:31)
31 ベニヤミン族の犯行(19:1-21:25)


聖書の引用は「新共同訳聖書」より