トップ  >  聖書の修辞構造  >  エステル記

エステル記の修辞構造


ペリコーペと修辞構造の対応表


Pericope134
1 クセルクセス王の酒宴(1:1-22) 1-1 3-1 4-1
2 王妃となるエステル(2:1-18) 1-1 3-1 4-1
3 モルデカイの貢献(2:19-23) 1-1 3-1 4-1
4 ハマンの策略(3:1-15) 1-1 3-1 4-1 4-2
5 モルデカイの提案(4:1-17) 1-1 3-1 3-2 4-2
6 エステル、王とハマンを招待する(5:1-14) 1-1 3-2 4-2
7 モルデカイの栄誉(6:1-14) 1-1 3-2 4-2 4-3
8 ハマン、失脚する(7:1-10) 1-1 3-2 4-3
9 ユダヤ人迫害、取り消される(8:1-8) 1-1 3-2 3-3 4-3
10 ユダヤ人の喜び(8:9-17) 1-1 3-3 4-3 4-4
11 ユダヤ人の復讐(9:1-19) 1-1 3-3 4-4
12 プリムは運命の祭り(9:20-32) 1-1 3-3 4-4
13 モルデカイの栄誉(10:1-3) 1-1 3-3 4-4

聖書の引用は「新共同訳聖書」より