トップ  >  聖書の修辞構造  >  コリントの信徒への手紙一

コリントの信徒への手紙一の修辞構造


修辞構造のリスト

1-1 

3-1  3-2  3-3 

4-1  4-2  4-3  4-4 

5-1  5-2  5-3  5-4  5-5 

ペリコーペのリスト

Pericope1-13-13-23-34-14-24-34-45-15-25-35-45-5
1 挨拶と感謝(1:1-9)
2 一致の勧め(1:10-17)
3 神の力、神の知恵であるキリスト(1:18-31)
4 十字架につけられたキリストを述べ伝える・神の霊による啓示 (2:1-16)
5 神のために力を合わせて働く(3:1-23)
6 使徒の使命(4:1-21)
7 不道徳な人々との交際(5:1-13)
8 信仰のない人々に訴え出てはならない・聖霊の住まいである体(6:1-20)
9 結婚について(7:1-16)
10 主が定めた生き方(7:17-24)
11 未婚の人たちとやもめ(7:25-40)
12 偶像に供えられた肉(8:1-13)
13 使徒の権利(9:1-27)
14 偶像への礼拝に対する警告(10:1-22)
15 全てを神の栄光のために(10:23-33_11:1)
16 礼拝でのかぶり物(11:2-16)
17 主の晩餐(11:17-34)
18 霊的賜物・一つの体、多くの部分(12:1-31a)
19 愛(12:31b-13:13)
20 異言と預言(14:1-25)
21 集会の秩序(14:26-40)
22 キリストの復活(15:1-11)
23 死者の復活(15:12-30)
24 復活の体(15:31-58)
25 結びの言葉(16:1-24)


聖書の引用は「新共同訳聖書」より