トップ  >  聖書の修辞構造  >  マカバイ書一

マカバイ書一の修辞構造


ペリコーペと修辞構造の対応表


Pericope124
1 アンティオコスの支配(1:1-64) 1-1 2-1 4-1
2 マタティアの生涯(2:1-70) 1-1 2-1 4-1
3 ユダが指導者となる(3:1-4:35) 1-1 2-1 4-1
4 聖所の清め(4:36-61) 1-1 2-1 4-1
5 イスラエルの統一(5:1-68) 1-1 2-1 4-1 4-2
6 アンティオコス・デメトリオスとの戦い(6:1-7:50) 1-1 2-1 4-2
7 ローマとの友好(8:1-32) 1-1 2-1 4-2
8 ユダの死とその復讐(9:1-73) 1-1 2-1 4-2
9 ヨナタンが大祭司となる(10:1-89) 1-1 2-1 2-2 4-2 4-3
10 ヨナタンの地位の確立(11:1-74) 1-1 2-2 4-3
11 ローマとの友好(12:1-23) 1-1 2-2 4-3
12 ヨナタンの敗北(12:24-53) 1-1 2-2 4-3
13 ヨナタンの死(13:1-42) 1-1 2-2 4-3 4-4
14 シモンが指導者となる(13:43-14:15) 1-1 2-2 4-4
15 石碑と感謝(14:16-49) 1-1 2-2 4-4
16 アンティオコスとトリフォンの戦い(15:1-41) 1-1 2-2 4-4
17 シモンの死(16:1-24) 1-1 2-2 4-4

聖書の引用は「新共同訳聖書」より